2019.07.10

夏の風物詩・71周年を迎える令和最初の「入谷朝顔まつり」

今年もこの季節がやってきました。安産と子育ての神として知られている「入谷鬼子母神」界隈で毎年七夕の頃に開催される「入谷朝顔まつり」。今年は令和最初ということで、早起きをして子どもたちと行ってきました! 朝顔はヒルガオ科のサツマイモ属だそうですが、サツマイモというのはちょっと意外ですよね。私も夏休みの自由研究で観察日記をつけたりしていたなあ・・・なんて子どものころを懐かしく思い出しながら、ひとつひとつ特徴の違う鉢植えを物色していきます。日本古来の品種や、一つの鉢植えに四色のお花が咲くものなど、本当にたくさんの種類があるんですよ。
「朝顔まつり」の歴史は古く、なんと今年で71周年を迎えるとか。「入谷鬼子母神」界隈では明治時代を中心に朝顔作りが盛んになり、当時は植木屋さんが十数件も軒を連ねていたそうです。近くの交差点には「入谷朝顔発祥之地」の碑もありました。カメラに夢中になっていると、ふと気付けば子どもたちは沢山並んでいる屋台に釘付けに(笑)。朝顔選びの前にちょっと小腹を満たすことにしますか・・・。今年はお天気が心配でしたが、雨も止み少し日差しも出てきました。あーこのお祭りの賑やかな感じ、やっぱり下町の夏はいいですね。
さて、腹ごしらえを終えたところで、本腰入れて朝顔選びを。あれこれ目移りする中、お店の人も選び方や育て方を丁寧に教えてくれたりして、人情味溢れた雰囲気を楽しみながら悩むこと30分・・・。結局子どもたちのリクエストで、この紫色の鉢に決めました!夏の太陽のもと、涼しげでさわやかな気分が味わえそう。毎日水やりをすれば9月上旬まで花を楽しめて、種を上手に収穫したら来年も育てることができるそうですよ。大事に育てていかなくちゃ。下町情緒たっぷりで一足早い夏を感じられるこの「朝顔まつり」が、子どもたちの世代にも受け継がれていって、100年、200年と続いていくことを祈っています★
「入谷朝顔まつり」 住所:東京都台東区下谷1-12-16 入谷鬼子母神周辺 日程:毎年7月6日~8日の3日間 ※掲載内容は取材時の情報となり、状況が変わっている可能性があります。予めご了承下さい。
お気に入り
SNS Share!
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine

PROFILE

TSUMUGI「働きながら子育てをするアクティブワーキングママ」
好きな食べもの:マカロン
好きなこと:身体を動かすこと
趣味:写真
休日の過ごし方:子どもと遊ぶ・ママ友とカフェ巡り
最近、興味があること:ホットヨガ
コメント:オシャレなお店やママの目線からうれしいスポットを紹介していきます!
「TOKYO EAST」とは、台東区・墨田区・荒川区を中心としたエリアを表現したワードです。
produced by 日鉄興和不動産
SNS Share!
  • FacebookFacebook
  • TwitterTwitter
  • LineLine